法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

倒産手続における清算型・再建型とは?

倒産手続は,法人・会社のすべての財産を清算して,その法人・会社を債務とともに消滅させる「清算型」と法人・会社を存続させて再建を図る「再建型」に分類できます。

以下では,倒産手続における清算型と再建型について,東京 多摩 立川の弁護士が詳しくご説明いたします。

倒産手続における清算型と再建型

倒産手続というと,法人・会社を消滅させる手続というイメージが強いでしょう。

倒産手続の基本形は,そのイメージどおり法人・会社を清算する手続ですが,そうではなく,法人・会社を存続させたままその再建を図っていくタイプの倒産手続の類型もあります。

法人・会社のすべての財産を清算して,その法人・会社を債務とともに消滅させる倒産手続を「清算型」といい,法人・会社を存続させてその再建を図る倒産手続を「再建型」と呼んでいます。

>> 倒産手続の種類・分類

清算型の倒産手続

倒産手続の基本類型は「清算型」です。

清算型とは,文字どおり,倒産する法人・会社のすべての財産・債務・法律関係等が清算され,最終的にその法人・会社は消滅することになるという倒産手続の類型です。

>> 清算型の倒産法・倒産手続とは?

清算型の法的整理

倒産手続には,裁判手続として行う法的整理と裁判外で行う私的整理がありますが,この法的整理のうちで清算型として挙げられるのは「破産手続」と「特別清算手続」です。

破産手続は,裁判所が選任した破産管財人によって,破産者の資産・負債がすべて清算され,破産者である法人・会社は消滅することになります。

この破産手続は,清算型の基本手続であると同時に,すべての倒産手続の基本手続であるともいえます。

他方,特別清算手続は,裁判所が選任した特別清算人によって,破産手続と同様,清算会社の財産と負債が清算され,やはり清算会社は消滅することになります。

破産手続は,どのような法人でも,また個人でも利用できる手続です。それに対し,特別清算は,株式会社しか利用できません。その点からすれば,特別清算手続は,破産手続の特別類型といえるでしょう。

また,破産手続は,裁判所が選任した破産管財人によって手続が進められ,基本的には債権者の意向に左右されずに(もちろん意見は尊重されますが)手続が進められていくことになります。

これに対して特別清算手続の場合は,裁判所が選任した特別清算人が手続を進めていくことになりますが,この特別清算人は,破産管財人と異なり,清算会社の元代表者など清算会社の関係者が就任するのが通常です。

そして,特別清算の場合には,特別清算人が協定案を策定し,それに対して債権者の合意が必要となってきます。つまり,債権者の意向が特に重要であるということです。

>> 特別清算と破産の違い

清算型の私的整理

私的整理は,後述のとおり,多くの場合に事業再生の方法と用いられていますが,清算型の私的整理というものもあり得ます。

すなわち,債権者と裁判外で合意をして,法人・会社の財産・債務の清算処理について取り決めるということです。

私的整理によって清算する場合には,破産手続や特別清算手続のように,いわゆる倒産の形にしないで清算処理が可能となります。

もっとも,すべての債権者の同意がなければならないという点で難しい面があることも確かです。

>> 私的整理手続とは?

再建型の倒産手続

倒産手続には,前記の清算型だけでなく,法人・会社を存続させながら,その法人・会社の再建を図るという「再建型」の手続もあります。

>> 再建型の倒産法・倒産手続とは?

再建型の法的整理

再建型の法的整理としては,「民事再生手続」と「会社更生手続」があります。

民事再生手続は,裁判所が選任した監督委員の監督の下に,再生債務者が財産・債務を自ら管理・処理しつつ,再生計画案を策定し,それが裁判所によって認可された場合には,その再生計画に従って債務の弁済等を継続していくという手続です。再建型の基本類型といえるでしょう。

他方,会社更生手続は,裁判所が選任した更生管財人が,更生債務者の財産・債務を管理・処理しつつ,更生計画案を策定し,それが裁判所によって認可された場合は,その更生計画に従って債務の弁済等を継続していくという手続です。

民事再生手続は,どのような法人・個人でも利用できます(個人の民事再生には,個人再生と呼ばれる手続が用意されています。)。

これに対して,会社更生手続は株式会社しか利用できません。会社更生手続は,民事再生手続の特別類型といえます。

民事再生手続の場合は,監督委員の監督があるとはいえ,手続自体は再生債務者自身が進めていく必要があります。そのため,基本的に,経営陣の交代は必須とはされていません。

これに対して,会社更生手続の場合には,原則として,経営陣の交代が必要とされています。

いずれの手続においても,倒産状態にある法人・会社を存続していくわけですから,債権者の意向が非常に重要となってきます。

>> 会社更生と民事再生の違い

再建型の私的整理

私的整理は,裁判外における手続ですので,法的整理に比べて柔軟な処理が可能となるというメリットを持っています。

そのため,再建型の手続,すなわち事業再生のための手続として用いられることが多くなっています。

事業再生の手続としては,事業再生ADR,整理回収機構の企業再生スキーム,地域経済活性化支援機構の事業再生支援,中小企業再生支援協議会の再生支援があります。また,裁判手続ではありますが,債権者との協議を基調とする特定調停手続も,私的整理に含まれるといえるでしょう。

>> 私的整理の準則・ルール(準則型私的整理)とは?

倒産手続における清算型と再建型に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ