法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

再建型の倒産法・倒産手続とは?

倒産法・倒産手続には,「清算型」と「再建型」があります。このうち,再建型の倒産法・倒産手続とは,債務者の収益・財産を維持または向上させつつ,負債を圧縮するなどして,債務者の経済的な再建を図っていく類型の倒産法・倒産手続です。再建型の倒産法・倒産手続としては,民事再生法に基づく民事再生手続,会社更生法に基づく会社更生手続および私的整理手続があります。

以下では,再建型の倒産法・倒産手続とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士が詳しくご説明いたします。

再建型の倒産法・倒産手続

倒産法倒産手続という名称の法律・法的手続はありません。倒産法・倒産手続というのは,あくまで講学上の名称です。倒産に関する法律や法的手続を総称して,倒産法や倒産手続と呼んでいるのです。

倒産法・倒産手続は,大きく分けると「清算型」と「再建型」に区別することができます。

再建型の倒産法・倒産手続とは,清算型のように債務者の財産等をすべて清算してしまうのではなく,債務者の経済的な再建を目的とする倒産法・倒産手続のことをいいます。

具体的にいえば,再建型の倒産法・倒産手続においては,債務者の収益・財産を維持または向上させつつ,負債を圧縮するなどして,債務者の経済的な再建を図っていくことになります。

再建型の倒産法・倒産手続としては,民事再生法に基づく民事再生手続,会社更生法に基づく会社更生手続,または,私的整理手続があります。

>> 倒産手続における清算型と再建型とは?

民事再生法に基づく民事再生手続

再建型の倒産法・倒産手続の1つに,民事再生法に基づく民事再生手続があります。民事再生法に基づく民事再生手続は,再建型倒産の基本類型といえるものです。

民事再生法に基づく民事再生手続においては,裁判所から選任された監督委員の指導監督のもと,再生債務者自身が,財産の処理や弁済計画等を定めた再建に向けた再生計画案を策定します。

そして,その再生計画が裁判所によって認可されると,再生債務者はその再生計画に従って弁済を行っていけばよいことになります。

この民事再生手続は,どのような法人でも利用することが可能です。個人の場合には,民事再生法において,民事再生の特則として個人再生の手続が設けられています。

>> 民事再生手続(再生手続)とは?

会社更生法に基づく会社更生手続

再建型の倒産法・倒産手続の1つに,会社更生法に基づく会社更生手続があります。民事再生法・民事再生手続の特則ともいえるものです。

会社更生法に基づく会社更生手続は,裁判所から選任された更生管財人が手続を主導していくことになります。更生会社の役員は,基本的に経営陣の交代が求められます。

会社更生手続においても,民事再生手続と同様,更生管財人によって更生計画案が策定され,それが裁判所に認可されることにより,その更生計画に基づいて更生会社の再建が進められていくことになります。

ただし,会社更生手続は,民事再生手続と異なり,個人が利用することはできず,法人についても,株式会社のみしか利用することができません。

>> 会社更生手続(更生手続)とは?

私的整理手続

倒産手続には,法的整理と私的整理があります。前記の民事再生手続や会社更生手続は法的整理に属する手続です。

これに対して,私的整理とは,裁判外において,債権者と交渉するなどして,負債・債務の整理を行うことをいいます。任意整理と呼ばれることもあります。

私的整理は,法人・会社を清算するために用いられることもありますが,基本的には,法的整理をせずに法人・会社の経営・事業を再建することが目的とされます。

したがって,この私的整理手続も,再建型の倒産手続の1つといえるでしょう(ただし,私的整理には清算型として行われる場合もあります。)。

>> 私的整理手続とは?

清算型倒産手続との関係

前記のとおり,倒産法・倒産手続には,再建型のほかに,清算型と呼ばれる類型もあります。清算型としては,破産法に基づく破産手続や会社法に基づく特別清算手続があります。

再建型は,債務者である法人・会社を清算させずに債務者の経済的再建を図ることを目的とするものであるのに対し,清算型は,債務者の清算を目的としています。

もっとも,再建型の場合であっても,例えば,包括的に事業譲渡がなされて,債務者が清算されることもありますし,他方,清算型の場合においても,破産手続において事業譲渡が行われ,債務者が清算されても事業自体は再建されることもあります

したがって,倒産法・倒産手続は,一応,清算型と再建型とに区別することができますが,実際には,その区別は流動的な場合があり得るのです。

また,再建型においては,債権者の一般的利益を害しないよう,清算型において債権者に配当等がなされる予測額以上の弁済をしなければならないとする清算価値保障原則が妥当すると解されています。

その意味で言うと,倒産法・倒産手続の基本は清算型であり,それを基礎として,再建型の倒産法・倒産手続が構築されていると考えることができるでしょう。

>> 清算型の倒産法・倒産手続とは?

清算型の倒産法・倒産手続に関連する記事

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ