法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

破産手続において訴訟手続はどのように扱われるのか?

破産手続開始時においてすでに破産者を当事者とする訴訟が係属している場合,それが破産財団に関する訴訟であれば,破産債権に関するものを除いて,訴訟手続は中断されます。破産管財人は,この中断した訴訟を受継できます(破産法44条)。破産手続開始後に破産債権者が破産債権回収のために訴訟を提起することは禁止されますが(破産法100条1項),それ以外の訴訟提起は禁止されません。破産手続開始後に提起された訴えについては,破産財団に関するものであれば,破産管財人が当事者として訴訟を追行していくことになります(破産法80条)。

以下では,破産手続において訴訟手続はどのように扱われるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

破産手続と他の手続

破産手続と訴訟手続は,いずれも裁判所において行われる裁判手続ですが,両者はまったく別個の手続です。

実際,破産手続を行う裁判官・裁判体と訴訟手続を行う裁判官・裁判体は区別されていますし,同じ裁判手続であるからといって,裁判所内で連動して扱われているわけでもありません。

したがって,ある法人・会社について破産手続が開始されたからといって,その法人・会社に関して行われている訴訟手続が破産手続内に当然に取り込まれるというわけではなく,それぞれはあくまで別個の手続として進行していくのが原則です。

とはいえ,破産手続が開始しているにもかかわらず,破産者である法人・会社についての訴訟がすべて破産手続とは完全に無関係に進行していくとすると,破産財団を減少させてしまったり,訴訟当事者以外の債権者や利害関係人との間で不公平を生じてしまうおそれがあります。

そこで,破産法では,破産手続が開始された場合に,係属中の訴訟や破産手続開始後の訴訟提起に対する一定の制限が設けられています。

>> 破産手続が開始されると他の手続はどうなるのか?

破産手続開始前から係属している訴訟

破産法 第44条

第1項 破産手続開始の決定があったときは,破産者を当事者とする破産財団に関する訴訟手続は,中断する。
第2項 破産管財人は,前項の規定により中断した訴訟手続のうち破産債権に関しないものを受け継ぐことができる。この場合においては,受継の申立ては,相手方もすることができる。
第3項 前項の場合においては,相手方の破産者に対する訴訟費用請求権は,財団債権とする。
第4項 破産手続が終了したときは,破産管財人を当事者とする破産財団に関する訴訟手続は,中断する。
第5項 破産者は,前項の規定により中断した訴訟手続を受け継がなければならない。この場合においては,受継の申立ては,相手方もすることができる。
第6項 第1項の規定により中断した訴訟手続について第2項の規定による受継があるまでに破産手続が終了したときは,破産者は,当然訴訟手続を受継する。

ある法人や会社等について破産手続が開始されている時点で,すでにぞれ以前から,その破産者である法人・会社について訴訟が提起されているということは少なくありません。

破産者が原告となって誰かに対して訴訟を提起しているという場合もあるでしょうし,逆に,誰かが破産者を被告として,破産者に対して訴訟を提起しているという場合もあるでしょう。

しかし,これらの訴訟が,破産手続外において,破産手続を無関係に進行してしまうと,破産裁判所や破産管財人が関知しない財産が発生してしまったり,または,破産裁判所や破産管財人が関知しないうちに破産者の財産が減少してしまうおそれがあります。

そこで,破産法では,破産者を当事者とする破産財団に関する訴訟手続は中断し,破産管財人は,その中断した手続のうち,破産債権に関するものを除いて,訴訟手続を受継できるとされています(破産法44条1項,2項。)。

この中断される「破産財団に関する訴訟手続」には,破産財団に属する財産に直接関連するものだけではなく,破産債権に関する訴訟や財団債権に関する訴訟も含まれると解されています。

破産財団に関する訴訟のうちで破産債権に関するもの以外については,破産管財人が,破産者に代わって訴訟を受継することができ,受継した場合,破産管財人が当事者として訴訟を追行していくことになります。

他方,破産債権に関する訴訟は中断しますが,破産管財人によって受継されません。破産債権については,破産手続外における訴訟ではなく,破産手続内において確定されるからです(例外的に,破産債権確定の手続において異議等のある破産債権に関して破産手続開始当時訴訟が係属する場合には,破産管財人以外の者が訴訟当事者となることがあります。)。

なお,破産財団に関する訴訟以外の訴訟については,破産手続の開始によっても中断されず,破産手続とは別個に,破産者である法人・会社が当事者として訴訟が進んでいくことになります。

破産手続開始後の訴訟

破産法 第80条

破産財団に関する訴えについては,破産管財人を原告又は被告とする。

破産手続開始前に破産者である法人・会社に関して訴訟が提起されているという場合だけでなく,破産手続開始後に,破産者である法人・会社に関する訴訟が提起されるということもあります。

破産手続開始後に提起される訴訟についても,破産手続開始前に提起されていた訴訟と同じことが言えます。

つまり,いかに破産手続と訴訟手続が別個独立の手続であるとはいえ,自由に訴訟を提起できるとすると,破産財団を毀損するなど破産手続の進行を阻害するおそれがあるということです。

したがって,破産手続開始後の訴訟提起についても,破産法上,一定の規制がなされています。

破産者である法人・会社を被告とする訴えの提起

破産手続開始後,破産債権者による個別の権利行使は原則として禁止されます(破産法100条1項)。

したがって,破産債権者は,破産債権について,破産者である法人・会社に対して訴えを提起することができなくなります。破産債権については,破産手続内において確定されるべきだからです。

もっとも,破産手続開始後であっても,財団債権者による財産債権回収のための訴え提起や,破産者が保有する財産の真の所有者による取戻権行使のための訴え提起などは許されています。

また,破産債権者であっても,破産債権の行使に該当しない訴えの提起は可能です。

ただし,破産者である法人・会社に対する訴えの提起が可能である場合であっても,訴えの相手方は破産者である法人・会社とは限りません。

前記破産法80条で定めるとおり,「破産財団に関する訴え」の相手方は,破産者である法人・会社ではなく破産管財人であるとされています。

この破産財団に関する訴えには,財団債権に関する訴えも含まれると解されています。

したがって,破産手続開始後に訴えを提起できるとしても,破産財団・財産債権に関する訴えの場合の被告は破産管財人としなければならず,それ以外の訴えの場合は破産者である法人・会社とするということです(例外的に,破産債権確定の手続において異議等のある破産債権に関して破産手続開始当時訴訟が係属する場合には,破産管財人以外の者が訴訟当事者となることがあります。)。

破産管財人による訴えの提起

破産手続開始によって,破産者である法人・会社自体は財産の管理処分権を失い,また,破産手続における清算処理に必要なものを除いて法人格を失うとされています。

したがって,破産手続開始後に,破産者である法人・会社が原告となって訴えを提起することはできません。

もっとも,破産管財人が訴えを提起することはあります。典型的なものは破産財団に属する財産を回収するための訴えですが,否認権行使の訴えや役員責任追及のための訴えなどもあります。

これらの場合,破産管財人自身が原告となって訴えを提起し,原告として訴訟を追行していくことになります。

破産手続における訴訟手続の取扱いに関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ