法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

法人・会社の破産申立書に添付する債権者一覧表とは?

破産手続開始の申立書には,破産規則で定める事項を記載した債権者一覧表を添付する必要があります(破産法20条2項)。債権者一覧表とは,債務者に対して債権を有する債権者を一覧で記載した書面のことをいいます。

以下では,法人・会社の破産申立書に添付する債権者一覧表について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

破産手続開始の申立書に添付する債権者一覧表

破産法 第20条 第2項

債権者以外の者が破産手続開始の申立てをするときは,最高裁判所規則で定める事項を記載した債権者一覧表を裁判所に提出しなければならない。ただし,当該申立てと同時に債権者一覧表を提出することができないときは,当該申立ての後遅滞なくこれを提出すれば足りる。

裁判所によって破産手続開始してもらうためには,破産申立権者管轄の裁判所に対して破産手続開始の申立てをしなければなりません。

この破産手続開始の申立ては,「最高裁判所規則で定める事項を記載した書面」を提出する方式で行います(破産法20条1項)。この書面のことを「破産手続開始の申立書」と呼んでいます。

破産手続開始の申立書には,「債権者一覧表」と呼ばれる書面を添付しなければなりません(破産法20条2項)。

債権者一覧表とは,文字どおり,債務者に対して債権を有する債権者を一覧で記載した書面です。

破産手続を開始するためには,債務者が支払不能債務超過に陥っていることが必要です。これらを判断するためには,債務者の負債状況を確認する必要があります。

また,破産手続において最も重大な利害を持っているのは,何といっても債権者です。

したがって,破産手続開始後できる限りすみやかに債務者について破産手続が開始したことを通知することにより,債権者に対して早期に破産手続に参加できる機会を与える必要があります。

そこで,裁判所が,破産手続開始の申立て段階から債権者の情報を把握できるよう,破産手続開始の申立書に債権者一覧表を添付することが求められているのです。

>> 法人・会社の破産手続開始の申立書に添付する書類・資料とは?

債権者一覧表の記載事項

破産規則 第14条 第1項

法第20条第2項の最高裁判所規則で定める事項は,次に掲げる債権を有する者の氏名又は名称及び住所並びにその有する債権及び担保権の内容とする。
 破産手続開始の決定がされたとすれば破産債権(法第2条第5項に規定する破産債権をいう。以下同じ。)となるべき債権であって,次号及び第3号に掲げる請求権に該当しないもの
 租税等の請求権(法第97条第4号に規定する租税等の請求権をいう。)
 債務者の使用人の給料の請求権及び退職手当の請求権
 民事再生法(平成11年法律第225号)第252条第6項,会社更生法第254条第6項又は金融機関等の更生手続の特例等に関する法律第158条の10第6項若しくは第331条の10第6項に規定する共益債権

債権者一覧表には,「最高裁判所規則で定める事項」を記載しなければなりません(破産法20条2項本文)。

ここでいう最高裁判所規則とは「破産規則」のことです。債権者一覧表に記載しなければならない事項(必要的記載事項)は,破産規則14条1項に規定されています。

具体的に言うと,債権者一覧表には,以下の債権について記載する必要があります。

そして,上記の各債権それぞれについて,以下の事項を記載する必要があります。

  • 債権者者の氏名・名称・住所
  • 債権の内容
  • 債権に設定されている担保権の内容

なお,実務では,債権の内容として,単にどの債権なのかを特定できる程度の情報だけではなく,取引の期間,保証人の有無,最終の返済日,当該債権に関して係属している裁判手続等についても記載するのが通常です。

債権者一覧表の提出時期

破産規則 第14条 第2項

債権者が破産手続開始の申立てをするときは,前項に規定する事項を記載した債権者一覧表を裁判所に提出するものとする。ただし,当該債権者においてこれを作成することが著しく困難である場合は,この限りでない。

債権者一覧表は,破産手続開始の申立ての際に提出する必要があります。つまり,破産手続開始の申立書に添付して提出する必要があるということです(破産法20条1項本文)。

ただし,破産手続開始の申立てと同時に債権者一覧表を提出することができないときは,申立て後遅滞なく提出すれば足りるものとされています(破産法20条1項ただし書)。

もっとも,実務では,破産手続開始の申立て時点で申立書に添付して債権者一覧表を提出することが求められています。申立て後に提出するのは,よほどの例外的事情がある場合に限らます。

したがって,破産手続開始の申立てをする場合には,債権者一覧表を作成しておかなければならないと考えておいた方がよいでしょう。

とはいえ,破産手続開始の申立てまでの準備時間によっては,すべての債権者を完全に網羅できないこともあります。

その場合には,申立てまでにできる限りの債権調査をして債権者一覧表を作成し,不足は申立て後に追完すれば足ります。

なお,債権者破産申立ての場合,債権者一覧表の提出が原則とされているものの,例外的に,申立人である債権者において債権者一覧表を作成することが著しく困難であるときは,債権者一覧表の提出をしなくてもよいものとされています(破産規則14条1項ただし書)。

また,監督官庁による破産申立ての場合には,そもそも債権者一覧表を提出することが求められていないのが通常です。

債権者一覧表の作成方法

債権者一覧表を作成するには,まずどのような債権があるのかを確認する必要があります。その上で,各債権の内容等について調査をしなければなりません。

単に代表者・役員・従業員の方々の記憶だけでなく,決算書類,各種帳簿,通帳の明細,郵便物・電子メール・FAX等で送付されてきているものなどを確認して,どのような債権があるのかを確認する必要があります。

その上で,各債権に関する契約書等を確認して,各債権の内容や担保の有無等を調査しなければなりません。

税金,従業員の給与,税金などは印象に残りやすいのであまり漏れはないかもしれませんが,債権はこれらだけではありません。

水道光熱費や通信費などの経費も破産手続開始時において未払い分があれば債権になりますので,忘れないようにしなければなりません。

よくある債権としては,以下のものがあるでしょう(ただし,これだけに限るものではありません。)。

  • 銀行・信用金庫・公庫・消費者金融・クレジットカード会社・ローン会社・個人などからの融資・借入金・立替金
  • リース料金
  • 水道光熱費
  • 電話料金・インターネット料金・有線放送などの通信費
  • 広告費
  • 事業所・駐車場・倉庫等の賃料・家賃・地代
  • 取引先・仕入先に対する買掛金
  • 従業員の給与・退職金
  • 役員の報酬・退職金
  • 弁護士・税理士等の顧問料金
  • 税金・社会保険料等の公租公課

債権者一覧表を作成するためには,これら事前の債権調査が必要です。もっとも,どの程度まで債権調査できるのかは,破産手続開始申立てまでに残されている時間によってきます。

時間的余裕があれば,十分に調査できたり,弁護士から各債権者に対して介入通知(受任通知)を送って調査できることもありますが,即時に申し立てなければならない場合には,じっくりと調査している暇がないこともあります。

その場合には,手元にある書類・資料をもとに,できる限りの調査をし,少なくとも主要な債権に関しては債権者一覧表に記載できるようにしておくべきでしょう。

なお,破産手続開始申立て後に新たに債権が発覚した場合には,それを追完することになります。

>> 破産申立て前にどの程度の負債・債務の調査をすべきか?

債権者一覧表に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ