法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

継続的給付目的双務契約の相手方の履行拒絶権が制限される場合とは?

継続的給付目的双務契約の給付受領者について破産手続が開始され,その破産管財人が,継続的給付目的双務契約について,破産法53条1項に基づき履行請求を選択した場合,相手方(継続的給付義務者)は,破産手続開始の申立て前の給付に係る破産債権について弁済がないことを理由として破産手続開始後の義務の履行を拒絶できないとされています(破産法55条1項)。

以下では,継続的給付目的双務契約の相手方の履行拒絶権が制限される場合について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

継続的給付目的双務契約の相手方による履行拒絶権

給付を受ける側の法人・会社について破産手続が開始された時点で,電気・ガス・通信などの継続的給付目的双務契約が存続している場合,双方未履行双務契約として処理されます。

具体的に言うと,破産管財人は,その継続的給付目的双務契約を解除するか,または,破産者である法人・会社側の債務を履行して,相手方に対して履行請求するかのどちらにするのかを選択することができます(破産法53条1項)。

破産管財人が履行請求を選択した場合,破産手続開始後に給付を受けるためには,破産管財人は相手方である給付義務者に対して対価を支払う必要があります。

破産管財人が破産手続開始後に対価を支払わなかった場合,相手方は破産手続開始後の給付を履行することを拒絶することができます。

問題となるのは,破産手続開始前の給付についての対価が支払われていない場合です。

継続的給付目的契約は,各期における可分的な給付が全契約期間にわたって反復継続して行われ,各期においてその対価が支払われることを予定するものです。

そのため,当期の対価が支払われなかった場合,給付義務者側は,次期の給付を拒絶することができるのが通常です。

そこで,破産手続においても,破産手続開始前における給付の対価が支払われていない場合に,継続的給付目的契約の相手方が,破産手続開始後に給付をすることを拒絶できるのかが問題となってきます。

>> 法人・会社が破産すると継続的給付目的双務契約はどうなるか?

破産法55条1項による履行拒絶権の制限

破産法 第55条

第1項 破産者に対して継続的給付の義務を負う双務契約の相手方は,破産手続開始の申立て前の給付に係る破産債権について弁済がないことを理由としては,破産手続開始後は,その義務の履行を拒むことができない。
第2項 前項の双務契約の相手方が破産手続開始の申立て後破産手続開始前にした給付に係る請求権(一定期間ごとに債権額を算定すべき継続的給付については,申立ての日の属する期間内の給付に係る請求権を含む。)は,財団債権とする。
第3項 前二項の規定は,労働契約には,適用しない。

前記のとおり,継続的給付目的契約においては,当期の対価が支払われなかった場合,給付義務者側は,次期の給付を拒絶することができる履行拒絶権を有することになるのが通常です。

そうすると,破産手続においても,給付を受ける側の法人・会社について破産手続が開始された場合,破産手続開始前における給付の対価が支払われていないときは,継続的給付目的契約の相手方は,破産手続開始後に給付をすることを拒絶できるのが原則となるはずです。

破産手続開始前の対価を支払わなければ給付を受けられないとすると,破産管財人としては,破産管財業務を遂行するため,その対価を支払わざるを得ないことになるでしょう。

しかし,破産手続開始前の債権は,破産債権となり,配当によって各破産債権者に公平・平等に分配されるのが原則です。

いかに継続的給付目的双務契約の対価であるとはいえ,破産手続開始前の給付の対価支払請求権も破産手続開始前の債権である以上,これを事実上優先的に支払わざるを得ないことにすると,債権者の平等の観点から問題を生じます。

また,破産手続開始前の給付の対価を支払うだけの破産財団がない場合には,破産管財業務を進められないことになってしまうおそれもあります。

そこで,破産法55条1項は,破産手続開始前における給付の対価が支払われていないことを理由とする継続的給付目的双務契約の相手方の義務履行拒絶権を一部制限しています。

すなわち,破産管財人が履行請求を選択した場合,継続的給付の供給義務者は,破産手続開始の申立て前の給付に係る破産債権について弁済がないことを理由として,破産手続開始後に継続的給付の義務の履行を拒むことができないとされています(破産法55条1項)。

例えば,電気を利用するため,電力会社との電力供給契約を維持するつもりである場合に,電力会社側は,破産手続開始の申立て前の供給分の電気料金を支払ってもらっていないので,破産手続が開始した後に電気を供給することはしない,とはいえないということです。

>> 破産管財人が継続的給付目的双務契約の履行請求を選択した場合

破産手続開始申立てから開始決定までの間に給付がされた場合

前記のとおり,相手方の履行拒絶権が制限されるのは,「破産手続開始前」の給付の対価が支払われていない場合ではなく,「破産手続開始の申立て前」の給付の対価が支払われていない場合です。

これは,履行拒絶権が制限される範囲を限定することによって相手方の利益を図ろうとするところに趣旨があります。

したがって,相手方は,破産手続開始の申立てから破産手続開始までの間になされた給付の対価について弁済がないことを理由として,破産手続開始後における給付義務の履行を拒絶することは可能です。

破産手続開始の申立てから破産手続開始までの間になされた給付の対価支払請求権は,財団債権となります(破産法55条2項)。

破産管財人は,破産手続開始後に給付の履行を受けるために,破産手続開始の申立てから破産手続開始までの間になされた給付の対価も財団債権として弁済する必要があるということになります。

破産手続開始申立てから開始決定までの間に給付がされた場合

破産法55条1項によって制限されるのは,破産手続開始後における給付義務の履行拒絶権です。破産手続開始前における給付義務の履行拒絶権は制限されていません。

したがって,破産手続開始の申立て前における給付の対価が支払われていない場合,相手方は,破産手続開始後における給付義務の履行を拒絶することはできませんが,破産手続開始の申立てから破産手続開始決定までの間における給付義務の履行は拒絶できるということになります。

破産手続開始申立てがされたことは公に通知されませんし,申立てから開始までの期間もそれほど長期間に及ばないのが通常ですので,実際に問題となることは少ないかもしれません。

しかし,破産手続開始の申立てから破産手続開始決定までに時間がかかるような大規模事件の場合には,その間おける給付義務の履行拒絶が問題となることはあり得るでしょう。

相手方の履行拒絶権の制限に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2500件以上,自己破産申立て300件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ 名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ