法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

支払停止の要件とは?

支払停止とは,債務者が資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えてその旨を明示的又は黙示的に外部に表示する行為のことをいいます(最一小判昭和60年2月14日集民144号109頁)。したがって,支払停止が認められるためには,①債務者が資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えてその旨を表示したこと,②その表示が,明示的又は黙示的に外部に表示する行為であること,③支払いを停止したことが必要となります。

以下では,支払停止の要件について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

支払停止の意義

破産法 第15条

第1項 債務者が支払不能にあるときは,裁判所は,第30条第1項の規定に基づき,申立てにより,決定で,破産手続を開始する。
第2項 債務者が支払を停止したときは,支払不能にあるものと推定する。

破産法 第30条

第1項 裁判所は,破産手続開始の申立てがあった場合において,破産手続開始の原因となる事実があると認めるときは,次の各号のいずれかに該当する場合を除き,破産手続開始の決定をする。
① 破産手続の費用の予納がないとき(第23条第1項前段の規定によりその費用を仮に国庫から支弁する場合を除く。)。
② 不当な目的で破産手続開始の申立てがされたとき,その他申立てが誠実にされたものでないとき。
第2項 前項の決定は,その決定の時から,効力を生ずる。

破産手続は,裁判所による破産手続開始決定によって開始されますが,破産手続開始の申立てをすれば常に開始決定がされるわけではなく,債務者に「破産手続開始原因」がなければ開始決定はされません(破産法30条1項)。

この破産手続開始原因の1つに「支払不能」があります(破産法2条11項,15条1項)。

法人破産における破産手続開始原因の1つである「支払不能」とは,債務者が支払能力を欠くために,その債務のうち弁済期にあるものについて,一般的かつ継続的に弁済をすることができない客観的状態にあることをいいます。

支払不能は,上記のとおり破産手続開始原因となりますが,それだけに限られず,破産管財人の否認権や相殺禁止の基準時ともされています。

債務者が支払不能であるかどうかは,破産手続を開始すべきかどうかだけではなく,破産管財人が否認権を行使できるかどうかや,相殺が認められるのかどうかなど判断にも関わってくるということです。

このように,破産においては,支払不能がさまざまな決断の基準時となります。それだけに,支払不能かどうかの判断基準は,できる限り明確な基準であることが望ましいはずです。

ところが,債務者の財産状況や負債の状況を知り得ない債権者等が,この支払不能を外部から判断することは容易ではありません。

そこで,外部的な徴表をもって支払不能の証明に代えることができるように,破産法においては「支払停止」と呼ばれる概念が用意されています。

すなわち,支払停止とは,「債務者が資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えてその旨を明示的又は黙示的に外部に表示する行為」のことをいいます(最一小判昭和60年2月14日集民144号109頁)。

要するに,支払停止とは,支払不能であることを明示的または黙示的に外部に表明する債務者の主観的な態度のことです。

この支払停止があると認められた場合,「支払不能にあるものと推定する」とされています(破産法15条2項)。

つまり,支払停止が認められると,反証の無い限り,債務者が支払不能状態にあったと認定されるということです。

支払不能を推定させる支払停止であると認められるためには,以下の要件が必要となります。

  • 債務者が資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えてその旨(支払不能である旨)を表示したこと
  • 支払不能である旨を明示的又は黙示的に外部に表示したこと
  • 支払いを停止したこと

>> 支払不能を推定させる支払停止とは?

支払不能である旨の表示であること

前記のとおり,支払停止というためには,「債務者が資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えてその旨を明示的又は黙示的に外部に表示する行為」でなければなりません。

したがって,債務者自身が,「資力欠乏のため一般的かつ継続的に債務の支払をすることができないと考えていること」,要するに支払不能であると考えていることを外部に表示することが必要です。

債務者自身が,債務を弁済しないことについて,資力欠乏が原因ではなく,それ以外の原因であると外部に表示して弁済をしていない場合には,支払停止とは言えません。

例えば,支払いをしない原因が,資力欠乏ではなく,法的な抗弁が存在することにあると債務者が考えて支払いをしていないのであれば,支払停止に当たらないことになります。

また,一時的な資力欠乏にすぎず,すぐにでも資力を回復して一般的かつ継続的に債務を支払えるようになると外部に表示していた場合も,支払停止には当たりません。

>> 破産手続開始原因となる支払不能とは?

外部に表示したこと

債務者が資力欠乏のために一般的かつ継続的に支払できないと考えていたとしても,その主観が外部に表示されていないのであれば,支払停止には当たりません。

例えば,弁済をしないことについて,社内で資力が欠乏しているから弁済をしないという旨の決定をした上で支払いを止めていたとしても,外部的に表示されていないので,支払停止には当たらないということです。

なお,外部的表示は,明示的なものであっても黙示的なものであってもよいと解されています。

明示的な支払停止行為としては,債権者に対する支払不能である旨の通知の送付や貼り紙,手形の不渡りによる銀行取引停止処分などが挙げられます。

他方,黙示的な支払停止行為とは,いわゆる夜逃げをして店舗等を閉鎖させた場合(東京高判昭和36年6月30日等)や,手形不渡り間近であったにもかかわらず決済資金を手当てしなかった場合(東京地判平成19年3月29日)などがあります。

>> 支払停止と認められるのはどのような場合か?

支払いを停止したこと

支払停止というくらいですから,債務者が実際に支払いを停止したことが必要となってきます。

当たり前のことですが,支払不能である旨を外部に表示していたとしても,実際に支払いを停止していないのであれば,支払停止にはなりません。

ただし,支払いを停止していたとしても,支払停止と認められるためには,債務の全部についての支払いをしていない場合か,または,少なくとも主要な債務の支払をしていない場合でなければなりません。

したがって,小口の支払いはできたものの,主要な大口取引先の支払いはできなかったという場合には支払停止に当たりますが,逆に,主要な取引先には支払いができていたという場合には,支払停止に当たらないと判断されることがあります。

また,いったん支払不能である旨を表示して支払停止と認められる行為をした場合には,その後に多少の支払いをしたとしても,支払停止が覆ることはないと解されています。

支払不能を推定させる支払停止に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ