法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

破産財団とは?

破産財団とは,「破産者の財産又は相続財産若しくは信託財産であって,破産手続において破産管財人にその管理及び処分をする権利が専属するもの」のことをいいます(破産法2条14号)。各債権者に対する弁済または配当の原資となる換価処分すべき破産者の財産の集合体を,破産財団と呼んでいるのです。破産者である法人・会社が破産手続開始決定時において有していた一切の財産が,破産財団に属することになります(破産法34条1項)。破産財団に属する財産の管理処分権は,破産者である法人・会社から剥奪され,破産管財人に専属することになります(破産法78条1項)。

以下では,破産財団とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

破産財団とは?

破産法 第2条 第14項

この法律において「破産財団」とは,破産者の財産又は相続財産若しくは信託財産であって,破産手続において破産管財人にその管理及び処分をする権利が専属するものをいう。

破産法 第78条 第1項

破産手続開始の決定があった場合には,破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は,裁判所が選任した破産管財人に専属する。

破産手続は,裁判所から選任された破産管財人が,破産者である法人・会社の財産を換価処分して,それによって得た金銭を各債権者に弁済または配当するという手続です。

この破産手続において換価処分すべき破産者の財産の管理処分権は,破産者から剥奪され,破産管財人に管理処分権が専属することになります(破産法78条1項)。

そして,この破産管財人によって管理処分されるべき財産のことを「破産財団」といいます。

すなわち,破産財団とは「破産者の財産又は相続財産若しくは信託財産であって,破産手続において破産管財人にその管理及び処分をする権利が専属するもの」のことをいいます(破産法2条14項)。

「財団」というと,何らかの組織のようなイメージがあるかもしれませんが,破産財団はそういうものではなく,あくまで,換価処分すべき財産の集合体を意味するにすぎません。

破産手続の最大の目的は,いかに多くの金銭を債権者に弁済または配当できるのかということにありますから,破産管財人の職務において最も重要なことは,この破産財団をいかに増殖させることができるのかという点にあるといえます。

>> 破産手続とは?

破産財団の内容

破産財団とは,前記のとおり,破産管財人が管理処分権を有する財産のことをいいます。

この破産財団には,以下の3つの内容が含まれています。

  • 法定財団
  • 現有財団
  • 配当財団

「法定財団」とは,破産法が予定する破産財団のことをいいます。言ってみれば,破産財団のあるべき形を意味する概念です。

したがって,破産管財人は,この法定財団にできる限り近づくように破産財団の形成を図っていくことになります。

もっとも,法律上・形式上は破産財団に組み入れられるべき財産であるものの,回収や管理などに大きなコストや時間がかかるなどの理由から,破産財団に組み入れることが現実的に難しい財産もあります。

そのような場合には,法定財団と現実に破産管財人が管理している破産財団とにギャップが生じます。破産管財人が現実に占有・管理している破産財団のことを,法定財団と区別して「現有財団」といいます。

そして,この現有財団を換価処分して金銭に換え,それを破産債権者に対して配当することになります。この配当に充てられる金銭のことを「配当財団」といいます。

>> 破産財団にはどのような内容が含まれるのか?

破産財団の法的性質

破産財団の法的性質をどのように捉えるかについては,破産管財人の地位をどのように捉えるのかと関連して,以下のような見解があります。

  • 破産財団代表説:破産財団それ自体に法人格を認める見解。これによると,破産管財人は,法人格の認められる破産財団の代表機関と捉えることになります。
  • 管理機構人格説:破産財団それ自体には法人格を認めず,財産の管理機構である破産管財人に法人格を認める見解。現在の通説的見解といわれています。

>> 破産財団の法的性質とは?

破産財団に属する財産の基準時

破産法 第34条

第1項 破産者が破産手続開始の時において有する一切の財産(日本国内にあるかどうかを問わない。)は,破産財団とする。
第2項 破産者が破産手続開始前に生じた原因に基づいて行うことがある将来の請求権は,破産財団に属する。
<第3項以下省略>

破産財団に属する財産の範囲を決める基準時は,破産手続開始決定時です(破産法34条1項)。

つまり,破産手続開始決定時点において破産者である法人・会社が有していた財産が,破産財団に属することになります。

このように,破産手続開始決定時を基準時として破産財団に属する財産の範囲を固定する原則のことを「固定主義」といいます。

なお,法人・会社の破産の場合には,破産手続開始とともに法人は解散することになりますので,破産財団に属する財産の範囲の基準時は,あまり問題にはならないといえます。

>> 破産財団に属する財産の判断の基準時はどの時点なのか?

破産財団に属する財産の範囲

破産財団は,破産管財人によって管理され,換価処分の対象となる財産の集合体を意味しています。したがって,破産管財人による管理処分の対象とならない財産は,破産財団に含まれないということです。

もっとも,法人・会社の破産手続の場合には,個人の破産と異なり,破産財団から放棄されたものを除いて,換価処分しなくてもよい財産(自由財産)はありません。

したがって,破産者である法人・会社が破産手続開始時点において有していた一切の財産が,破産財団に属することになります(破産法34条1項)。

ここでいう「一切の財産」には,物だけでなく,債権や権利それ自体も含まれます。債権には「破産手続開始前に生じた原因に基づいて行うことがある将来の請求権」も含まれます(破産法34条2項)。

さらに,物や法的な権利でなくても,およそ財産的価値があり,換価が可能なものであれば,すべて破産財団に属します。

破産者である法人・会社の事業それ自体も換価可能であれば,破産財団に属する財産として,事業譲渡されることもあります。

要するに,法人・会社が破産すると,その法人・会社が破産手続開始時点において有していた法人・会社名義の財産はすべて換価処分の対象となるということです。

また,破産者である法人・会社が破産手続開始時において有している財産は,それが日本国外にある財産であっても,破産財団に属する財産となります(破産法34条1項括弧書き)。

>> 破産財団に属する財産の範囲とは?

破産財団の変動と形成

前記のとおり,破産財団に属する財産は,破産管財業務遂行のための費用に利用されるのみならず,債権者に対する弁済や配当の原資になるものです。

したがって,適正な破産財団を形成することは,破産管財人にとっても最も重要な業務といえます。

とはいえ,破産財団に属する財産が,すべて破産者のもとにあるとは限りません。破産管財人は,そのような財産を調査して取り戻し,破産財団に組み入れなければなりません。

また,外観上は破産者が有しているように見えたとしても,法的にみれば破産者が有しているとはいえない財産や,逆に,外観上は破産者の財産とはいえない状態にあるとしても,法的にみれば破産者が有しているべきものと判断できる財産があります。

このような場合には,適正な破産財団を形成するために,取戻権別除権否認権などの行使によって,本来あるべき破産財団の姿に戻すことが必要となってきます。

例えば,外観上,破産者が所持・占有してはいるものの,実際にはリース物件であって,真の所有者が別にいるという場合には,その所有者からの取戻権の行使によって,その財産は破産財団から外れることになります。

また,破産者の所有物であっても,抵当権が設定されるなど別除権の対象となっている場合であれば,別除権者の別除権行使によって,その別除権の範囲内において,破産財団から外れることもあります。

逆に,破産手続開始決定時点では破産者が有する財産ではなくなってしまっていたとしても,本来であれば破産財団に含められるべき財産については,破産管財人の否認権行使によって取り戻され,破産財団に組み入れられることもあります。

このように,破産財団は,破産管財人の業務遂行や権利者等の権利行使などによって破産手続開始後も段々と変動していき,最終的に適正な破産財団が形成されることになります。

>> 破産財団はどのように変動・形成されるのか?

破産財団に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ