法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

法人・会社の破産手続における関係者とは?

破産手続は裁判手続ですから,裁判所が主宰します。破産事件の管轄裁判所は地方裁判所です。破産事件が現に係属する地方裁判所は「破産裁判所」と呼ばれます。ただし,実際に破産者の財産を管理処分し破産管財業務を遂行する機関は破産管財人です。破産裁判所や破産管財人のほか,保全管理人,債権者集会や債権者委員会も破産手続の機関です。また,破産手続には多くの利害関係人が関与してきます。最大の利害関係人は,債権者と債務者です。破産手続開始決定を受けた債務者は「破産者」と呼ばれます。法人・会社の破産の場合,実際に破産手続において活動するのは,その法人・会社の代表者や役員です。そのほか,破産者である法人・会社の従業員や取引先も破産手続に関わってくることがあります。加えて,破産手続は破産申立権者による破産手続開始の申立てによって開始されます。破産手続開始を申し立てた者のことを「申立人」といいますが,この申立人も利害関係人に含まれるといえます。

以下では,法人・会社の破産手続における関係者について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

法人・会社の破産手続における関係者

法人・会社の経営・事業には,多くの人が関わっています。それだけに,その法人・会社が破産すると,その多くの利害関係人に影響を及ぼすことになります。

そのため,法人・会社の破産手続には,さまざまな利害関係人が参加または関わってくることになります。

この破産手続は裁判手続ですから,裁判所によって運営されますが,実際に各種の業務を遂行する法的機関は,裁判所によって専任される破産管財人や保全管財人です。

これら裁判所や破産管財人などの法的機関や,破産する法人・会社,それに関わる利害関係人など多数の関係者が,破産手続に関わってくることになります。

そして,さまざま機関や利害関係人の協力により,債権者に対して公平・平等な分配を実現するという破産法の目的が実現されていくのです。

>> 破産手続とは?

破産手続における機関

前記のとおり,破産手続も裁判手続です。したがって,破産手続の指揮・運営する主宰者は,裁判所です。

破産事件は地方裁判所の管轄に属していますから,破産手続が行われるのは,各地の地方裁判所です。実際に個別の破産事件が係属している地方裁判所のことを「破産裁判所」と呼んでいます(破産法2条3項)。

ただし,実際に,実際に,破産者の財産を管理処分し,破産管財業務を遂行するのは,裁判所によって選任される「破産管財人」です(破産法2条12項)。

破産手続が開始される前に保全管理命令が発令される場合は,破産管財人が選任される前に,「保全管理人」が裁判所によって選任され,債務者の財産を保全・管理することになります。

また,破産債権者が破産手続に参加する機会を与えるために債権者集会や債権者委員会が設置されることがありますが,これらも,破産手続における機関の一種であると解されています。

破産手続における利害関係人

破産手続は,破産管財人が破産者の財産を管理処分し,それを各債権者に公平・平等に分配する手続ですから,訴訟手続のように各当事者が対立する構造になっていません。

そのため,破産手続には,手続の主体となる当事者というものを考えることができません。

とはいえ,債務者の破産によって影響を受ける利害関係人は存在します。前記のとおり,法人・会社の破産の場合には,個人破産の場合よりも多くの利害関係人が存在するのが通常です。

これらの利害関係人も,それぞれの手続段階や利害関係の程度に応じて,破産手続に関与することになります。

破産手続の最大の利害関係人は,「債務者」である法人・会社と,その債務者に対して債権を有している「債権者」です。

債務者が支払不能または債務超過である場合に,その債務者について破産手続が開始されます。破産手続が開始されると,その債務者は「破産者」と呼ばれることになります。

ただし,破産手続は,破産手続開始の申立権を有する「申立人」が破産手続開始の申立てをすることによって開始されます。

これら以外にも,さまざまな人が破産手続に関わってきます。

破産することになるのが債務者である法人・会社であったとしても,法人・会社は観念的な存在ですから,実際に活動を行うのは,その法人・会社の代表者や役員です。

法人・会社の従業員・労働者も,法人・会社の破産によって重大な影響を受ける利害関係人です。賃金などの未払いがあれば,従業員・労働者も債権者になります。

さらに,法人・会社の取引先や顧客も重大な影響を受けることになりますから,破産手続に参加または関わってくる場合があります。

>> 法人・会社の破産手続における利害関係人とは?

破産手続の関係者に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ