法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

破産債権・破産債権者とは?

破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもののことをいいます(破産法2条5項)。この破産債権を有する債権者のことを「破産債権者」といいます(同条6項)。

以下では,破産債権・破産債権者とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が分かりやすくご説明いたします。

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話 042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

破産債権・破産債権者とは?

破産法 第2条

(第1項~第4項省略)
第5項 この法律において「破産債権」とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権(第97条各号に掲げる債権を含む。)であって,財団債権に該当しないものをいう。
第6項 この法律において「破産債権者」とは,破産債権を有する債権者をいう。
(第7項以下省略)

破産法においては,公益性や重要度その他各種の理由から,債権者の有する債権を「財団債権」と「破産債権」とに分け,それぞれ異なる取り扱いをしています。

財団債権とは,破産手続によらないで破産財団から随時弁済を受けることができる債権のことをいいます(破産法2条7項)。この財団債権を有する債権者のことを「財団債権者」といいます(同条8号)。

これに対し,破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもののことをいいます(破産法2条5号)。

この破産債権を有する債権者のことを「破産債権者」といいます(同条6号)。

財団債権は,破産手続によらずに随時弁済を受けることができるという優先的な債権です。この財団債権を除く破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権は破産債権として扱われます。

法人・会社の破産の場合にも,破産法人・会社に対する売掛金,貸付金,代金,未収金などさまざまな債権がありますが,これらは基本的に破産債権です。

破産債権は,財団債権のように全額について随時弁済を受けることなどはできず,破産手続において配当を受けることになります。

>> 法人・会社の破産手続における債権者の立場とは?

破産債権の一般的要件

破産債権者は,破産手続に参加して配当を受ける権利を有していますが,どのような債権でも破産債権として認められるわけではありません。

破産債権として認められるには,以下の一般的要件を満たしている必要があります。

  • 財産上の請求権(金銭給付によって満足させられる性質の請求権)であること
  • 金銭的評価の可能な債権であること
  • 破産者に対する請求権であること
  • 民事執行が可能な債権であること
  • 破産手続開始前の原因に基づく債権であること
  • 財団債権に当たらない債権であること

破産債権は財産上の請求権である必要があります。財産上の請求権とは,金銭給付によって満足させられる性質の請求権であることを意味します。

破産手続では,最終的に金銭の配当によって支払いをすることになりますから,金銭給付によって満足を得られない請求権は破産債権に含まれないのです。

同様の理由から,そもそも金銭的評価ができない債権も,破産債権には当たらないことになります。

また,破産者に対する請求権である必要があります。物に対する支配権である物権から派生する物権的請求権などは,破産債権に含まれません。

加えて,強制執行ができない債権を換価処分することは,包括的執行手続である破産手続の性質に沿わないため,強制執行ができない債権は破産債権に当たらないとされています。

さらに,破産債権は,原則として破産手続開始前の原因に基づく債権であり,財団債権ではないことも要件とされています。

一般的要件を充たさないが破産債権に含まれる請求権

破産法 第97条

次に掲げる債権(財団債権であるものを除く。)は、破産債権に含まれるものとする。
 破産手続開始後の利息の請求権
 破産手続開始後の不履行による損害賠償又は違約金の請求権
 破産手続開始後の延滞税,利子税若しくは延滞金の請求権又はこれらに類する共助対象外国租税の請求権
 国税徴収法(昭和34年法律第147号)又は国税徴収の例によって徴収することのできる請求権(以下「租税等の請求権」という。)であって,破産財団に関して破産手続開始後の原因に基づいて生ずるもの
 加算税(国税通則法(昭和37年法律第66号)第2条第4号に規定する過少申告加算税,無申告加算税,不納付加算税及び重加算税をいう。)若しくは加算金(地方税法(昭和25年法律第226号)第1条第1項第14号に規定する過少申告加算金,不申告加算金及び重加算金をいう。)の請求権又はこれらに類する共助対象外国租税の請求権
 罰金,科料,刑事訴訟費用,追徴金又は過料の請求権(以下「罰金等の請求権」という。)
 破産手続参加の費用の請求権
 第54条第1項(第58条第3項において準用する場合を含む。)に規定する相手方の損害賠償の請求権
 第57条に規定する債権
 第59条第1項の規定による請求権であって,相手方の有するもの
 第60条第1項(同条第2項において準用する場合を含む。)に規定する債権
 第168条第2項第2号又は第3号に定める権利

前記の一般的要件を充たす請求権が破産債権とされるのが原則ですが,一般的要件を充たさない請求権であっても,破産法上,破産債権とされている請求権もあります。

具体的には,以下の請求権は,一般的要件を充たさないものの,破産債権とされています(破産法97条)。

  • 破産手続開始後の利息の請求権
  • 破産手続開始後の不履行による損害賠償または違約金の請求権
  • 破産手続開始後の延滞税・利子税・延滞金の請求権またはこれらに類する共助対象外国租税の請求権
  • 租税等の請求権であって,破産財団に関して破産手続開始後の原因に基づいて生ずるもの
  • 国税の加算税(過少申告加算税・無申告加算税・不納付加算税・重加算税)・地方税の加算金(過少申告加算金・不申告加算金・重加算金)の請求権またはこれらに類する共助対象外国租税の請求権
  • 罰金等の請求権
  • 破産手続参加の費用の請求権
  • 破産管財人が双方未履行双務契約を破産法54条1項に基づき解除した場合または市場の相場がある商品取引に係る契約が同法58条3項により解除された場合における相手方の損害賠償請求権
  • 委任者について破産手続が開始された場合において,受任者は破産手続開始の通知を受けず,かつ,破産手続開始の事実を知らないで委任事務を処理したことによって生じた受任者の費用償還請求権や報酬請求権等の債権
  • 交互計算の当事者の一方がついて破産手続が開始されたことにより交互計算関係が終了して計算を閉鎖した場合における相手方の有する残額の支払請求権
  • 為替手形等の振出人または裏書人について破産手続が開始された場合において,支払人または予備支払人がその事実を知らないで引受けまたは支払をしたことによって生じた支払人または予備支払人の求償債権
  • 破産管財人によって詐害行為否認,無償行為否認,相当対価を得てした処分行為の否認がされた場合において,破産者の受けた反対給付によって生じた利益が破産財団中に現存しない場合に相手方が有する反対給付の価額償還請求権,破産者の受けた反対給付によって生じた利益の一部が破産財団中に現存する場合に相手方が有する反対給付と現存利益との差額の償還請求権

破産債権の種類

破産債権は,前記のとおり,配当手続において,その債権額に応じた比例配分により支払いを受けることができます。

ただし,破産債権の中でも,財団債権ほどではないにしろ,公益性や破産手続上の重要性があるなど支払いの優先度が高い債権があります。そこで,破産債権内でも配当について優先順位が設けられています。

具体的にいえば,破産債権は,次の4つに区別することができます。

優先的破産債権

破産法 第98条 第1項

破産財団に属する財産につき一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権(次条第1項に規定する劣後的破産債権及び同条第2項に規定する約定劣後破産債権を除く。以下「優先的破産債権」という。)は,他の破産債権に優先する。

優先的破産債権とは,破産財団に属する財産につき一般の先取特権その他一般の優先権がある破産債権のことをいいます(破産法98条1項)。

民法などの実体法における優先権を破産手続にも反映させ,破産債権のうちで最も優先的に配当を受けることができるものとされているのが,優先的破産債権です。

>> 優先的破産債権とは?

一般の破産債権

一般の破産債権とは,優先的破産債権,劣後的破産債権および約定劣後破産債権のいずれにも当たらない破産債権のことです。

破産債権の多くは,この一般の破産債権として扱われます。金融機関からの借入や取引先の買掛金などは,多くの場合,この一般の破産債権となるでしょう。

劣後的破産債権

破産法 第99条 第1項

次に掲げる債権(以下「劣後的破産債権」という。)は,他の破産債権(次項に規定する約定劣後破産債権を除く。)に後れる。
 第97条第1号から第7号までに掲げる請求権
 破産手続開始後に期限が到来すべき確定期限付債権で無利息のもののうち,破産手続開始の時から期限に至るまでの期間の年数(その期間に1年に満たない端数があるときは、これを切り捨てるものとする。)に応じた債権に対する法定利息の額に相当する部分
 破産手続開始後に期限が到来すべき不確定期限付債権で無利息のもののうち,その債権額と破産手続開始の時における評価額との差額に相当する部分
 金額及び存続期間が確定している定期金債権のうち,各定期金につき第2号の規定に準じて算定される額の合計額(その額を各定期金の合計額から控除した額が法定利率によりその定期金に相当する利息を生ずべき元本額を超えるときは,その超過額を加算した額)に相当する部分

劣後的破産債権とは,配当において優先的破産債権及び一般の破産債権に劣後し,議決権も認められない破産債権のことをいいます(破産法99条1項)。

どの請求権が劣後的破産債権に該当するのかは,破産法99条1項各号に規定されています。

劣後的破産債権は,優先的破産債権および一般の破産債権に対する配当がされた後,余剰があれば配当されることになります。

>> 劣後的破産債権とは?

約定劣後破産債権

破産法 第99条 第2項

破産債権者と破産者との間において,破産手続開始前に,当該債務者について破産手続が開始されたとすれば当該破産手続におけるその配当の順位が劣後的破産債権に後れる旨の合意がされた債権(以下「約定劣後破産債権」という。)は,劣後的破産債権に後れる。

約定劣後破産債権とは,破産債権者と破産者との間において,破産手続開始前に,当該債務者について破産手続が開始されたとすれば当該破産手続におけるその配当の順位が劣後的破産債権に後れる旨の合意がされた債権のことをいいます(破産法99条2項)。

約定劣後破産債権は,劣後的破産債権よりもさらに配当順位が後になります。そのため,実際に,約定劣後破産債権に配当されるケースはほとんどないでしょう。

>> 約定劣後破産債権とは?

破産債権相互間における優劣

破産債権者は,破産手続における配当によって債権を回収することになります。

この配当においては,破産手続内でも優先順位があります。具体的には,優先的破産債権 → 一般の破産債権 → 劣後的破産債権 → 約定劣後破産債権の順に配当されることになります。

さらに具体的に言うと,まず優先的破産債権に対して配当がされます。ただし,優先的破産債権のうちでも優先順位があります。優先的破産債権内での優先順位は,以下のとおりです。

  1. 公租(国税・地方税)の請求権
  2. 公課(国民年金や国民健康の保険料など)の請求権
  3. 共益費用の請求権
  4. 雇用関係の請求権
  5. 葬式費用の請求権
  6. 日用品の供給の請求権

先順位の請求権に配当がされ,破産財団に余剰があれば,次順位の請求権に配当がされます。同順位の優先的破産債権が複数ある場合には,各債権額に応じた比例配分となります。

優先的破産債権への配当がされ,さらに破産財団に余剰があれば,次は一般の破産債権に対して配当がされ,さらに余剰があれば,劣後的破産債権に配当がされ,それでも余剰があれば約定劣後的破産債権に配当がされるということになります。

一般の破産債権以下も,複数の債権がある場合には,各債権額に応じた比例配分となります。

破産債権者の権利行使

破産債権者は,破産手続によらなければ,権利行使できないのが原則とされています(破産法100条1項)。

そのため,破産債権者は,破産債権をもって破産手続に参加することができる権利を与えられています(破産法103条1項)。

破産手続に参加するためには,裁判所に破産債権を届け出る必要があります(破産法111条)。

もっとも,破産債権者は,破産手続によらなければ権利行使できないので,破産者に対して,個別に直接の取立てをすることはもとより,破産手続開始後に訴訟を提起したり,強制執行などをしたりすることはできなくなります。

破産債権者が債権を回収するためには,破産手続に参加して配当を受けるほかないということです。

破産債権・破産債権者に関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2500件以上,自己破産申立て300件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 法人破産・会社破産に強い弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ 名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ