法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

法人破産・会社破産したら誰が借金・債務を支払うのか?

法人破産・会社破産したとしても,誰かがその法人・会社の借金・債務を引き継いで支払うことにはならないのが原則です。ただし,法人・会社の債務について連帯保証人等になっている場合,その連帯保証人等は,法人・会社に代わって,その借金・債務を支払わなければなりません。また,法人・会社に未納税金がある場合,第二次納税義務者に該当する者が,法人・会社に代わって,その未納税金の全部または一部を支払わなければならないことがあります。

以下では,法人破産・会社破産したら誰が借金・債務を支払うのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話 042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

法人破産・会社破産による借金・債務の消滅

法人破産・会社破産すると,その法人・会社の財産は,裁判所が選任した破産管財人によって換価処分され,それによって得られた金銭が各債権者に弁済または配当されます。

分配によっても支払いきれなかった債務は,消滅します。

法人破産・会社破産するとその法人・会社は法人格を失います。つまり,消滅することになります。債務者である法人・会社がいなくなるわけですから,その債権・債務も存続できなくなります。

そのため,法人・会社を債務者とする債権・債務も消滅するのです。

そして,法人・会社の借金・債務は,あくまでその法人・会社が責任を負担するものですから,法人破産・会社破産したからといって,その法人・会社の借金・債務を誰かが引き継がなければならないということもありません。

代表者や役員であっても,法律上,法人・会社と代表者・役員個人とは別人格とされているため,法人・会社の借金・債務を引き継ぐことはないのが原則です。

ただし,例外的に,法人・会社の借金・債務について連帯保証人がいる場合などには,法人・会社の借金・債務を代わりに支払わなければならないことがあります。

以下では,例外的な場合について説明します。

>> 法人破産・会社破産するとどうなるのか?(まとめ)

連帯保証人等がいる場合

前記のとおり,法人破産・会社破産すると,法人・会社の債務は消滅し,残った債務を誰かが引き継ぐことはないのが原則です。しかし,法人・会社の債務について保証人・連帯保証人・連帯債務者がいる場合は別です。

これら連帯保証人等は,法人・会社が破産したとしても,法人・会社に代わって,連帯保証等をしている借金・債務を支払っていかなければなりません。

連帯保証等の債務は,あくまで,その連帯保証人等自身の債務として扱われるため,法人・会社が破産したとしても,消滅しないからです。

そのため,法人破産・会社破産に伴って,連帯保証人等も債務整理をするケースが少なからずあります。

代表者や役員が損害賠償責任を場合

前記のとおり,法律上,法人・会社と代表者・役員個人とは別人格とされているため,法人・会社が破産したとしても,代表者や役員個人が法人・会社の債務を引き継ぐことにはなりません。

また,代表者や役員には広汎な経営の裁量を与えられていますから,法人・会社が破産したということだけで,債権者などの第三者に対して損害賠償などの法的責任を負うことにはなりません。

もっとも,レアケースではあるでしょうが,代表者や役員が,悪意または重大な過失によって職務執行を怠り,それにより債権者などの第三者に対して損害を与えた場合などには,その第三者に対して個人として損害賠償責任を負うことがあり得ます。

例えば,法人・会社での借金を個人的に流用していたような場合には,債権者に対して損害賠償責任を負う可能性はあります。

その場合には,借金・債務を引き継ぐわけではありませんが,事実上,それと同じように,債権者に支払いをしなければならないことになります。

>> 法人・会社が破産すると代表者は損害賠償責任を負うのか?

未納の税金に関する例外

前記のとおり,法人・会社の債務についての連帯保証人等でない限り,法人破産・会社破産しても,法人・会社の借金・債務は消滅し,残った借金・債務を誰かが引き継ぐことはないのが原則です。

ただし,未納の税金に関しては例外があり,法人破産・会社破産しても,第二次納税義務者が,法人・会社に代わって,未納の税金の全部または一部を納付しなければならないとされています。

第二次納税義務者に該当するものとして,以下のようなものがあります。

  • 合名会社・合資会社の無限責任社員,弁護士法人や税理士法人の社員など
  • 破産した法人・会社から事業そのものを譲り受けた一定の関係にある法人・会社や個人が,同じ場所で同じ事業を営んでいる場合
  • 破産した法人・会社から重要な財産を無償または廉価で譲り受け,または債務の免除を受けた法人・会社や個人

また,あまり例はありませんが,納税保証をしている場合には,通常の債務の連帯保証人のように,法人・会社に代わって,未納の税金を納付しなければならないことがあります。

>> 法人・会社が破産すると滞納税金や社会保険料はどうなるのか?

倒産と破産の違いに関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2500件以上,自己破産申立て300件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 法人・会社の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ 名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ