法人・会社の破産手続イメージ

法人・会社の破産手続

法人破産・会社破産と個人破産は何が違うのか?

法人・会社の破産と個人の破産の最大の違いは,法人・会社の破産の場合にはその法人・会社は消滅するのに対し,個人の場合には破産してもその個人が消滅することはないという点です。そのため,個人破産の場合は,破産後の生活を考慮して免責制度や自由財産制度などが設けられていますが,法人破産にはそのような制度は存在しません。また,手続の運用は,個人破産に比べ,法人・会社の破産の場合の方がはるかに厳格になっています。

以下では,法人・会社の破産と個人の破産にはどのような違いがあるのかについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。

法人・会社の破産と個人破産の基本的な異同

破産法に基づく破産手続は,会社などの法人だけではなく,個人でも利用できます。法人の場合であっても,個人の場合であっても,やはり,最後の手段はこの破産という方法になるでしょう。

破産法上,手続に関しては,法人が利用する場合と個人が利用する場合とで区別されていません。法人・会社の破産手続も個人の破産手続も,基本的に,手続それ自体には違いがないということです。

もっとも,法人・会社が破産すると,その法人・会社は消滅します。これに対し,個人の場合には,破産したからといってその個人が消滅するわけではありません。破産した後も生きていかなければなりません。

この「破産すると法人・会社は消滅するが,個人は破産しても消滅しない」ということは,以下に述べるとおり,法人・会社の破産と個人の破産との間に大きな違いを生じさせています。

また,法人・会社には,金融機関だけでなく,買掛先・取引先・顧客さらには従業員などさまざま利害関係人がおり,さらに保有財産にもさまざまなものがあります。

それだけに,法人・会社の場合には,個人の場合よりも法律関係が非常に複雑な場合が少なくありません。その点も,破産手続に違いを生じさせてきます。

>> 破産法とは?

免責手続の有無における違い

破産手続は,裁判所から選任された破産管財人によって破産者の財産が管理・換価処分され,それによって得た金銭を債権者に弁済または配当していくという手続です。

破産手続は,上記のように,あくまで破産者の財産関係等の清算を目的とする制度です。それでも支払いきれなかった債務をどうするのかということは,破産手続それ自体では何らのケアもされていません。

ただし,法人・会社の破産の場合であれば,破産者の財産を清算した金銭を弁済または配当した結果,それでもすべてを支払いきれなかったとしても,破産によって法人・会社は消滅します。

したがって,法人・会社の消滅により債務の主体がいなくなるので,支払いきれなかった分の債務も消滅します。

ところが,個人破産の場合には,前記のとおり,破産をしてもその個人が消滅するわけではありません。つまり,破産手続において支払いきれなかった債務は,破産後であっても,まだ残っているのです。

破産をしたのに債務だけは残っているというのでは,破産法の目的である債務者の経済的更生の趣旨に反します。そこで,法は,個人の破産について「免責」という制度を設けています。

免責とは,借金など債務の支払義務を免除させるという制度です。裁判所によって免責が許可されると,破産者である個人は,破産手続によって支払いきれなかった債務を支払わなくてもよいことになるのです。

このように,法人・会社の破産の場合には,破産によってすべての債務が消滅するため免責制度はありませんが,個人の破産の場合には,破産手続とは別途,免責手続が必要となるという違いがあります。

そして,免責制度がないのですから,法人・会社の破産の場合には,免責不許可事由非免責債権といった制度も無いということになります。

なお,法人破産の場合に免責制度がないのは,破産によって債務も消滅するため免責する必要がないからであって,法人破産をしても債務を免れることができないという意味ではありません。

>> 法人・会社は破産しても免責されないのか?

財産・資産の処分における違い

破産手続は,前記のとおり,破産者の財産を換価処分して債権者への配当等に充てることを目的とする手続ですから,基本的には,破産者の財産をすべて処分することになります。

特に,法人・会社の破産の場合,破産の結果,その法人・会社は消滅してしまうのですから,財産を残しておくわけにはいきません。

したがって,よほどの事情がない限り,法人・会社の資産・財産はすべて処分されることになります。

他方,個人の破産の場合には,破産後も生活をしていかなければなりませんから,すべての資産・財産を処分してしまうと,破産後の個人の生活を阻害してしまいます。

そこで,個人の破産においては,生活に必要最小限の財産は処分しなくてもよいという制度が設けられています。これを「自由財産」制度といいます。

このように,法人・会社の破産においてはすべての財産・資産を処分する必要がありますが,個人の破産においては自由財産は処分しなくてもよいとされているという違いがあります。

>> 法人が破産するとすべての財産が処分されるのか?

手続の運用における違い

破産手続には,原則型である管財事件と例外型である同時廃止事件と呼ばれる手続の種類があります。

管財事件では,裁判所から破産管財人が選任され,破産者の財産・債務の調査・管理・換価処分を行うことになります。

これに対し,同時廃止事件の場合には,破産管財人は選任されず,簡易・迅速に破産手続が終結することになります。

前記のとおり,法人・会社は,前記のとおり,個人の場合に比べて,非常に複雑かつ多岐にわたる財産や法律関係が存在する場合があります。

そのため,何らの調査も行わずに手続を終結させると,不公正な事態が発生するおそれがあります。

そこで,法人・会社の破産においては,原則として,破産管財人による調査が行われる管財事件として扱われることになります。同時廃止事件となることは,ほとんどないといってよいでしょう。

他方,個人破産の場合には,もちろん管財事件が原則ではありますが,同時廃止事件として処理されることも少なくありません。

また,同じ管財事件であっても,調査事項が多岐にわたり,詳細な調査が必要となる法人・会社の破産の場合の方が,個人破産の場合よりも,かなり厳格な手続の運用がなされています。

>> 破産手続における管財事件と同時廃止事件

費用における違い

前記のとおり,法人・会社の破産事件の場合には,管財事件となるのが通常です。管財事件の場合には,同時廃止事件と異なり,裁判手数料や官報公告費だけではなく,引継予納金の納付が必要となってきます。

引継予納金の金額は,その事件の内容に異なりますが,中小企業の場合には,少額管財といって,引継予納金の金額が少額で済むという運用がなされている裁判所もあります。

東京地方裁判所立川支部も含む。)では,少額管財の引継予納金は20万円とされています。ただし,不動産明渡し費用などが必要となる場合には,増額されることがあります。

また,弁護士報酬も,個人の破産の場合に比べて作業量や手間のかかる法人・会社の破産申立ての方が,個人破産よりも高額となるのが通常です。

つまり,法人・会社の破産の場合には,個人破産よるも,自己破産申立ての費用が大きくなるという違いもあります。

>> 法人・会社の自己破産申立ての弁護士費用

法人・会社破産と個人破産の違いに関連する記事

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890
※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

法人・会社の破産のことならLSC綜合法律事務所まで!

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。

ご相談は無料相談です。

※なお,当事務所にご来訪いただいてのご相談となります。お電話・メール等による相談は承っておりません。予めご了承ください。

>> 弁護士による法人・会社自己破産申立ての無料相談

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

LSC綜合法律事務所ロゴ名称:LSC綜合法律事務所

住所:190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階

ご予約のお電話:042-512-8890

ホームページ:

代表弁護士:志賀 貴(日弁連登録番号35945・旧60期・第一東京弁護士会本部および多摩支部所属)

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

  • JR立川駅(南口)および多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~8分ほど
  • お近くにコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所のご案内

弁護士による法人・会社倒産【無料相談】のご予約

お電話042-512-8890※予約制(ご予約受付は平日9:30~18:30)

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所

このページの先頭へ